触媒コンバーターが原因で過熱することはありますか?

過熱した触媒コンバーターは、多くの場合、排気流中の過剰な炭化水素(HC)の結果です。 これは、通常、燃料システムまたは車両の点火に関する問題の結果として、燃料がコンバーターに直接導入されるときに発生します。 不適切な点火時期、汚れた点火プラグ、および/またはエアポンプの故障が通常の原因です。 これが、触媒コンバーターが赤熱する理由です。 触媒コンバーターの通常の平均温度は、摂氏650〜900度です。

 

 

過熱した触媒コンバーター