触媒コンバーターが故障する原因は何ですか?

多くの場合、触媒コンバーターは自然に損傷を受けることはそれほどありません。品質の悪い製造による故障した触媒コンバーターの報告はほとんど考慮されていません。損傷した触媒コンバーター

触媒コンバーターの故障は、おそらくもう一つの別の部分のエンジンの故障です。その結果、処理されるべき物資の量または種類がコンバーターに移されません。たとえば、エンジンの調子が合っていないと、燃料の正しい混合が処理されず、コンバーターが損傷する可能性があります。

燃料がコンバータに注がれている場合、過熱状態が発生し、排気システム内の金属が溶けてしまいます。システムに不凍油または不凍液が入っているとコンバーターが詰まりエンジンの出力が低下するだけでなく、システムに異常な圧力が発生し他の車の部分が破損する可能性があるという報告もあります。また、触媒コンバーターに入る混合物が間違っていると前述の結果をもたらすことになるため正しいか確認する必要があります。

最後になりましたが、触媒コンバーターには、非常に壊れやすいセラミックが含まれています。もし車体の下部に損傷が起きれば(事故、岩、障害物)、触媒コンバータがゆるんで破損する可能性があり、セラミックの部品はそのフィルタリング能力の完全な機能不全を引き起こします。