酸素センサーとは何ですか?

酸素センサー(または02センサーまたはラムダセンサー)は、汚染ガスの削減に主要な役割を果たします。 センサーは、排気ガス中の酸素量の変化に関する情報を収集して転送する役割を担っています。 これにより、ガスと空気の混合やガスの過剰または不足が回避されます。 O2センサーには、高温に耐える貴金属であるプラチナも含まれています。 最近製造されたセンサーは浄化率が98%にも達することがあります。酸素センサー

歴史的に、最初のO2センサーは1976年にボルボ240に導入されました。1980年にカリフォルニアの排出規制がより厳しくなった時にカリフォルニアの車両にO2センサーの導入が進行しました。そして、 連邦排出ガス法により1981年以降に製造された全ての車と小型トラックにO2センサーの付属が必須になりました。