Articles

プラチナグループ金属展望、2017

Posted by isahora
6 Jun 2019 0 comments

platinum group metals

金や銀よりも、プラチナグループ金属(PGM)。白金、パラジウムおよびロジウムを含む。 2016年は好調な1年でしたが、年初来の伸びは年末にかけて減少しました。 3つのPGMのうち、Palladiumは特に好調に推移し、前年同期比で20%の成長でした。

地政学的な不確実性が高いことから、アナリストは金と銀の将来について楽観的な見方をしています。ただし、PGMにとってはそれほど強気ではありません。実際、彼らは2017年が昨年末の後半を反映し、世界的な需要が減少していくと予想しています。これらの予想は主に新車販売の伸び悩みと宝飾品市場の継続的な下落によるものです。それがPGMの2人の主なユーザーです。鉱業生産への期待は比較的フラットな進化を予測しています。さらに、南アフリカが支配的な地位を占めているため、ランド/米ドルの為替レートは価格に大きな影響を与えます。

それにもかかわらず、価格は触媒コンバーターからのPGMの回収とリサイクルが良い経済的見返りを提供し続けるレベルに留まるでしょう。